« ネズミ食い競争? | トップページ | やっぱり段ボールがお好きなようで »

2010年9月 8日 (水)

トントのこと。

Tonto4ネコカフェもやっているブリーダーさんのもとにいた、トントとミミ。
最初に会ったときには、兄弟たちと共に団子状態で寝ていました。
その中から、トントとミミを選んだ理由は……。インスピレーション。まぁ、これも縁というものでせう。

ネコカフェでの二匹の様子は、とにかく元気いっぱい!

たまにネコ風邪をひいてしまっているのが気にはなりましたが(今でもその名残なのか、たびたび鼻炎に)、でもそれよりもたくさんの子ネコたちと一緒に遊んだり、大人ネコとの生活から学べることのほうが多そうでした。

特にトントは猛烈元気印小僧で、中でも仲の良いミミを追い掛け回したり、すやすや寝ているほかの子猫にちょっかいを出したり。

実はこちらのネコカフェさんには、プロのカメラマンさんが訪れることが多く、トントやミミが写ったものもいくつか見せてもらいました!

Tonto5やっぱり、プロは違います。当たり前だけど。

しかしプロのみなさまでも、ミミはまだしもトントを写すことは難しかったよう。

いやぁ、すばしっこかったんですねぇ(当時は)。そこのネコカフェさんにいるネコはほとんどが長毛種だったので、余計にトントたちの元気さが際立っておりました。

ごはんの時間には、た~くさんいるネコたちのうちでトントとミミだけが!テーブルの上に乗って催促していて、笑っちゃいました(写真3枚目)。

そしてそして契約後、待つこと1か月強。や~っと、二匹を迎えに行くことに。

キャリーバッグを持って、はやる気持ちで出かけてまいりました。

ひとつ心配だったのは、ネコカフェさんから家までが近い距離ではないこと。

電車での移動は、きっと子猫には負担のはず。

とにかくできるだけ早く着けるようにと帰宅の途につきました。

道中、鳴いていたのはミミのほう。あぁ、やっぱりトントは度胸が据わっているんだなぁと、そのときは思った。のですが、、、これは大きな誤解だったのであります。

Tonmi6キャリーの中を覗くと、なにやらしきりに揺れている様子のトント。あの身体の揺れはなんだ?と頓珍漢なことを思っていたワタクシでしたが、実はこの“揺れ”は震えだったのです!

そう、トントは完全な内弁慶で、外に出た途端にブルブルと震えていたのでありました!

ネコカフェではガキ大将のような態度で走り回っていたもので、まさか震えていたとは、露ほどにも思わなかったのであります。

キャリーバッグの中で鳴いていなかったのは、鳴くこと“すら”できなかったんですねぇ。

我が家へ来てからの2・3日は、夜、お母さんを求めて鳴いていたトント。そうか、キミは甘えんぼだったんだね。驚かせてゴメンよ。

あ、でも今では完璧にリラックスしているので、ご心配なく♪

トントについてさらにご紹介。デレツン、トントへと続く。

※写真1枚目は5月下旬、ネコカフェにて。2枚目は8月下旬に相方サンと。3枚目は6月頭。ネコカフェでのごはん時。

↓2つのランキングに参加してみました。1日1クリック、応援してもらえたら多謝です!

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

|

« ネズミ食い競争? | トップページ | やっぱり段ボールがお好きなようで »

ネコ話(トントとミミ)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネズミ食い競争? | トップページ | やっぱり段ボールがお好きなようで »