« デレツン・トント、デレデレへの兆し | トップページ | 動物的勘? »

2010年10月 3日 (日)

ベンガルの証し

見た目はアビシニアンにかなり似ているミミ。

でもミミはソマリベンガルのmixでございます。

小さなときは、全体に模様がなく、一層アビシニアンに似ていました。

育つにしたがって、手足としっぽの線がはっきりしてきて、ベンガルの血かねぇと思っておりました(お腹にも点々あり)。

と、このところ、さらにベンガルの血を感じる変化が。

胴体部分に、点々の模様が浮き出始めたのです。

Mimi33

写真で見ると、影のようにも思えますが、影ではなく模様。

mixがどのように育つかは個々で違うそうなので、どんな風になるのか楽しみです。

ちなみに、トントは純正ベンガル。

日本ではスポッテッド?(点々のこと?)とかいう柄が人気のようですけれど、トントはマーブルという柄らしい。

特にベンガルを飼いたい!とか思っていたわけではなく、たまたまトントがベンガルで、ミミがソマリとベンガルのmixだっただけなので。詳しいことは知らないのですが。

ただ、もし猫種にこだわって探すとしたら、憧れていたのはロシアンブルーでした。

ロシアンは撫で心地がとってもよくって好きなのです。が、実はベンガルも負けていません。

トントの毛はキラキラしていて(金色の毛も混ざってる)キレイだし、さわり心地もすごーくいいんですよぉぉ~!

Tonto41

ミミのほうはトントより少し固めの毛でしたが、冬になったからか気持ちいい毛質に変わってきました。

ま、何にせよ、トントもミミも可愛いくて仕方ありません。てへっ。

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

↑2つのランキングに参加してみました。1日1クリックずつ、応援してもらえたら多謝です!

|

« デレツン・トント、デレデレへの兆し | トップページ | 動物的勘? »

ネコ話(トントとミミ)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!くれないです!
実はベンガルの前(アフガンのクレアの前)にロシアンブルーをかっていました。
ベンガルもシルクの手触りだけどロシアンブルーもダブルコートの被毛が柔らかくて最高でした。
私はソマリも大好きで1匹ずつにしようか悩んでいたくらいです。私の大好きなベンガルとソマリの子なんてステキ!これから変化も楽しみですね。

投稿: くれない | 2010年10月 3日 (日) 18:55

くれないさん、ロシアン飼ってらしたんですね!
すっごく気持ちいいですよね~、ロシアン。
くれないさんのところは、アフガンのワンちゃん2匹もすごくキレイですよね♪
ちなみに、ウチは猫種を検討していたとき、ロシアンの次に気になっていたのはアビシニアンでした。
ベンガルやソマリについてはほとんど知らなかったです。

投稿: モチヅキ@管理人 | 2010年10月 4日 (月) 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デレツン・トント、デレデレへの兆し | トップページ | 動物的勘? »