« ベンガルの証し | トップページ | 何故かいつもカメラ目線 其の3 »

2010年10月 4日 (月)

動物的勘?

1週間前に避妊・去勢手術を受けたミミとトント。

現在、生後6か月が経った2匹ですが、ウチに来てすぐにネコ風邪をひいたために、動物病院にはお世話になっていました。

ワクチンも打ってもらいに行ったしね。

ま、なので、今回入院した動物病院には何度も行ったことがあったのです。

が、連れて行った際、いつもと違うことが。

Mimi34

動物的勘とでもいうのでしょうか。

以前、2匹が初めてウチにきたときに、トントがキャリーの中で震えていたという話をしましたが、実は、手術のために動物病院に行ったとき、ミミが同じように震えていたのです。

これまでにも動物病院に行ったときに、2匹で鳴いていることはありました。

でもそれは病院に行くのが怖いというよりは、外の車の音などに反応している感じで、実際、病院に入ったあとは、とてもおとなしくしていました。

が、今回は、診察台の上でも怖がっているようでしたし、何よりミミが震えるのを見たのは初めてでした。

入院を察知したというよりは、ワタクシたちの緊張が伝わってしまったのだと思いますが、本当に驚きました。

そんな敏感なミミですが、トントも含め、薬を飲んだりするのは平気。

Tonto30

風邪をひいていたときの、液体の飲み薬も、粉薬も、目薬も、ネコを飼うのが初めてのワタクシでも難なく与えることができました。

今回も抜糸までの期間、錠剤で抗生物質を与えるのですが、こちらも普通に食べてくれます。(食べたあとに、ん?みたいな顔をして一瞬とまったりはしますが)

薬に関しては鈍感? いや、いい子たちなんです。

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

↑2つのランキングに参加してみました。1日1クリックずつ、応援してもらえたら多謝です!

|

« ベンガルの証し | トップページ | 何故かいつもカメラ目線 其の3 »

ネコ話(トントとミミ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベンガルの証し | トップページ | 何故かいつもカメラ目線 其の3 »