« 直木賞が発表さっ | トップページ | 地味ぃに 兄妹シンクロ 其の6 »

2011年1月19日 (水)

本日はミミ蔵

普段、その顔のおもしろさから、いや失礼、表情の豊かさから、ついついトントの写真が増えてしまっている本ブログ。

しかし当然、ミミも同じように可愛がっておりまする。

Mimi156

トントに比べると、少々気の強そうな顔をしているミミ。

事実、ミミは(お転婆な)お姫様気質でお兄ちゃんのトントを従えている感じ。

でも同時に甘えん坊でして、すぐにワタクシの膝の上に乗ってくるし、そのまま安心しきって寝ている姿を見ると、もう本っ当に可愛らしいくて、あぁ、この気持ちをどうしたら!と変な人になってしまいます。

Mimi157

自分の名前をはっきり認識している様子なのもミミ。

呼ぶと、シッポをぴーん!と立てて駆けてくる姿なんて、アナタ!もうこちらの目頭デロ~ンですよ。

ワタクシとしては、トントも分かっているとは思うのですが、相方サンはふたりが名前を分かっているだろうことを疑っております。

こちらの声のトーンなどから「自分が呼ばれているようだ」という雰囲気は伝わっているんだろうけど、実際に言葉を理解しているかとなるとアヤシイ。と言い続けているのであります。

でも、モノノ本によるとネコは人間の言葉を200語(!)ほど判別できるそうなのであります。

もちろん、それらの言葉を組み立てて、理解することは無理ですが、ひとつの言葉を単体としては理解できるそう。

この200語というのは、犬とほぼ同じとか。

ただまぁ、飼い主の命令に忠実な犬に比べ、同じように理解してもネコの場合は自分の本能に従うのみ!というところで、大きな違いが出てくるのだと思いますが。

しかし、これも、完全室内飼いのネコが増えているためか、犬っぽいネコというのが、最近は増えているそうです。

と、ミミは瞑想中の様子。

Mimi158

考えているのは?

やっぱり、ご飯のことかな。。。

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

↑2つのランキングに参加してみました。1日1クリックずつ、応援してもらえたら多謝です!

|

« 直木賞が発表さっ | トップページ | 地味ぃに 兄妹シンクロ 其の6 »

ネコ話(トントとミミ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直木賞が発表さっ | トップページ | 地味ぃに 兄妹シンクロ 其の6 »