« 激レア! トントの甘えモード | トップページ | 本日はミミ蔵 »

2011年1月18日 (火)

直木賞が発表さっ

決して読書家ではないワタクシ。

って、威張れることじゃないよ~ん。

とにかく。

そんなわけで読んでいる本の数はかなり少ないのですが(だから威張れることじゃないんだけど)、ここ数年、その数少ない本の中で、飛びぬけてワタクシの感性にドンピシャだった作品があります。

道尾秀介さんの「向日葵の咲かない夏」でございます。

もうこれ、ホントにドンピシャ。超好みの1作。

とはいえ、2005年に発表された小説「向日葵の咲かない夏」ネタを、なぜ今頃になって出しているのか。

……。

はい、17日は第144回芥川賞・直木賞(平成22年度下半期)の発表があったんですね~。

結果は、なんと両賞ともW受賞。

芥川賞に朝吹真理子さんの「きことわ」と西村賢太さんの「苦役列車」、直木賞に木内昇さんの「漂砂のうたう」と、そして道尾秀介さんの「月と蟹」が選ばれたのでございます。

ちなみに道尾さんは第140回から直木賞の連続5回候補になっており、5回目の正直での受賞と相成りました(サラっと書いちゃったけどスゲエ)。

あ、ちなみに「向日葵の咲かない夏」は、かぁなりのベストセラー小説でして、○○ランキング第1位!なんて謳い文句を本屋さんで見かけたりするのですが。

これには正直、複雑な気分になったりします。

なんと申しましょうか。

自分の感性に合うと思った作品が、一般的に売れる品物だと突きつけられたときの悲しさ、ですか。

人は特別でいたい生き物ですからねぇ。あ、でもこの作品の場合、売れてるイコール好き!という単純図式でもないみたいなんだけど。と書いていること自体が、なんだか自分に対する慰め and 言い訳がましくて哀しいぞ。。。

って、なんか話が妙な方向へ流れてますな。

まぁ、アレコレいいつつ、直木賞受賞のニュースを読んで、まんまと「月と蟹」を読んでみようと思っているパンピーなワタクシがいるわけですが。。。

って、ことで、本日はトントとミミネタではございませんでした~。

失礼しましたっ。

Tonto211

なんて。

トントに謝ってもらっちゃいましたが。

トントは何もしてませんね。

Tonto212

あぁ、怒ってらっしゃいますか!?

Tonto213

クェ~! って、おおう。

迫力があるのかないのか。(お分かりかと思いますが、コチラあくびの途中です)

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

↑2つのランキングに参加してみました。1日1クリックずつ、応援してもらえたら多謝です!

|

« 激レア! トントの甘えモード | トップページ | 本日はミミ蔵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!買っちゃいました。『向日葵の咲かない夏』。読んでみたくなっちゃって。影響されやすいんです。私も読書家ではないので、時間かかると思いますが楽しみです!
私は東野圭吾を良く読みます。旦那の影響でね。まだ今ほど騒がれてない頃からなんだけど、あまりみんなに知れ渡ると微妙な感じがしちゃうよね。
話し変わって、最後のトントくんのあくびすごく好きです!

投稿: くれない | 2011年1月19日 (水) 20:18

ををを!
くれないさん、買っちゃいましたか!
うわー、なんかドキドキしてしまう。
東野圭吾ですか。今や大人気ですものね。
先日、映画「白夜行」を観ましたが、個人的にはかなりよくできているんじゃないかと思いましたよ。ファンの方が観るとどう感じられるかはわかりませんが。
ご夫婦で好きなのでしたら、もし機会があればぜひ映画版も。
トントはあくびだかなんだか、って顔ですけど。^^;

投稿: モチヅキ@管理人 | 2011年1月21日 (金) 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 激レア! トントの甘えモード | トップページ | 本日はミミ蔵 »