« デレツン・トントの甘えモード | トップページ | 兄妹シンクロ(もどき) 其の5 »

2011年1月 4日 (火)

新春国立名人会に行ってきた!

現在、国立演芸場でやっている新春国立名人会を見てまいりました!

年末年始の帰省が急きょなくなってから、相方サンがチケット屋さんでこのチケットを見つけて買ってきてくれたのであります。

演目は、寿獅子に始まり、落語に講談、三味線漫談、奇術(マジック)、紙切りと、いろんなジャンル満載で楽しく見てきましたよん。

Mimi129

中でも一番おもしろかったのは、トリを務めた鈴々舎馬風(れいれいしゃばふう)さん。

ひとりひとりの演目の時間が短かったので、いわゆる落語ではなかったのだけれど、でもおもしろかったっす。

「男の井戸端会議」という演目だっだんだけど、キャラの濃いお方で、一発でファンになってしまいました。

後半にやってくれた美空ひばりのメドレーも、はまりまくり。

帰ってきてから調べたら、このメドレーも「艶歌の花道」という有名なネタらしい。いやー、笑った。

鈴々舎馬風さん、イイ!

また見にいくぞ。

Tonto183

それから最後に、お正月ということでなのか、何十人分かの手ぬぐいを客席に投げてくれたのですが、なんとワタクシと相方サン、ふたりともゲットいたしました! イエイ!

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

↑2つのランキングに参加してみました。1日1クリックずつ、応援してもらえたら多謝です!

|

« デレツン・トントの甘えモード | トップページ | 兄妹シンクロ(もどき) 其の5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デレツン・トントの甘えモード | トップページ | 兄妹シンクロ(もどき) 其の5 »