« ボクだってのぼれるよ! | トップページ | エミちゃん萌え »

2011年5月 8日 (日)

我が家のクイーン

といえば。

当然、ミミのことでございます。

Mimi307

プリンセスなら、まだカワイイんですけどね。

どうもクイーンといったほうが似合うようになってきてまして。

とはいえ、兄妹のトントとはいつも仲良し。

なのですが。

先日、ちょいとビックリしたことがありまして。

リビングにいても、和室にいても、しょっちゅうワタクシの足の上に乗ってくるミミ。

それはとても可愛いのですけれど。

この前、リビングチェアに座っているときに、隣のチェアにトントが乗ってきて、甘えモードになってきている感じだったので、抱っこして私の膝の上に乗せたんです。

抱っこは苦手ですぐに逃げ出すトントですが、その時は、結構いけそうな雰囲気だったんですよ。

が。

次の瞬間!

ミミがやってきて、トントの尻尾をガブッ、そして脚をガブッ!と、2回噛んだのであります。

それも結構強めに。

トントはビックリして逃げていきまして…。

そうなんです。

完全に、「そこはアタシの場所なのよ!」オーラ全開でした。

Mimi308

今、相方サンが留守にしていて、家にはワタクシひとりというのも、関係していそうなんですがね。

たまたまかな、とも思ったのですけど、昨日もトントを膝に乗っけたところ、一目散にミミがやってまいりまして。

その迫力にビビって、ついワタクシがトントを降ろしてしまいました。

独占欲強しのミミ女王様であります…。

ま、今は後ろでヤマトカーにふたりで入って仲良く眠ってますがね。

話は変わって。

FOXでアメリカン・アイドルを見ているのですが、昨日はTOP6のパフォーマンスでした。

今シーズンからは、総合プロデューサーがついていて、候補者にみっちりアドバイスをしながらそれぞれ披露する歌を作り上げていっているのですが、それが功を奏しているようで、候補者の成長を感じます。

そのためか、ここに来て、いいなと思い始めているのが、最初はむしろ苦手に感じていた候補者たち。

アダム・ランバート(アルバム持ってます)の劣化版だとしか思っていなかったヘビメタ系の男の子ジェームズと、ジャニス・ジョップリンと比較されてきた(アイドルの審査員は、やけに大物たちと並べたがるのだが)ヘイリーが、いいなと感じ始めちゃっております。

ちなみに今回のテーマは「キャロル・キング」の歌でした。

話が派生しちゃいますけど、キャロル・キングと聞いてワタクシが浮かぶのは、彼女をモデルにした映画「グレイス・オブ・マイ・ハート」。

映画自体は個人的には微妙だったのですが、サントラが良くて。

特にラストの歌で完璧にやられてしまいましてね。

それまでの微妙さが吹き飛んだことを思い出します。

音楽の力は大きいよ。

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

↑2つのランキングに参加してみました。1日1クリックずつ、応援してもらえたら多謝です!

ーーーーーーーーー

東日本大震災で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。復旧・復興への第一歩を踏み出せる日が、一日でも早く訪れますように。

ーーーーーーーーー

|

« ボクだってのぼれるよ! | トップページ | エミちゃん萌え »

ネコ話(トントとミミ)」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボクだってのぼれるよ! | トップページ | エミちゃん萌え »