« 第6戦 | トップページ | シルク・ド・ソレイユ vs ミミ »

2011年6月15日 (水)

エグザイルかよ!

あ、エグザイルファンのみなさん、一体何よと思われたかもしれませんが、今日の日記にエグザイルさんは全く関係ございませんので。

あとトントとミミにも関連していないので、全く内容とリンクしていない写真(汗)を挟み込んでいます。えへっ。

Tonto448

さて。

ここでももう何度か書いていますが、ショーものが大好きなワタクシ。

当然、トニー賞授賞式のテレビ中継を見るのも大好きでございます。

毎年、6月はトニー賞の季節。

昨年は、引っ越しのバタバタやらで見逃してしまいまして、ひどく後悔いたしましたが、今年はちゃんと録画に成功!

今、まだ観ている途中なんですが、少しばかり感想を。

まず、嬉しかった点から。

ワタクシが映画好きになったきっかけを作ったのは、マシュー・ブロデリックなんです。「ウォー・ゲーム」で一目ぼれ。きゃっ。

今となっては「SATC」のサラ・ジェシカ・パーカーの夫などという言われかたをしておりますが、もともとはサラよりもマシューのほうが知名度が上でした。

が、彼女の成功で立場は逆転。そのためかどうかは分かりませんけど、一時はマシューの浮気により(涙)、離婚の危機に。

マシューは童顔なのですけど、その頃のマシューは一気に老けちゃって、ファンとしても見ていられない状態でございました。が、なんとか離婚も回避(本当に関係が修復したのかは知りませんけど)。

Mimi346

と、前置きが長くなりましたが、トニー賞のプレゼンターとしてマシューが登場いたしました。

彼はずっとブロードウェイで活躍していてトニー賞も2度受賞しているので、授賞式にはたびたび顔を出します。「プロデューサーズ」でコンビを組んでいたネイサン・レインとふたりで司会を務めたこともあるんだよ。

んで、今回は、ハリポタのラドクリフくんが主演を務めたことで話題になったリバイバル作品「努力しないで出世する方法」の紹介で出てまいりました。

なぜかって? 以前、マシューが主演を務めていたから! しかもこの作品でトニー賞を受賞しているのだ!!

久しぶりに見る公の場でのマシューでしたが、若さが戻っていて一安心いたしました。

と、まぁ、授賞式自体は、司会のニール・パトリック・ハリスの頑張りもありつつ(彼といえば、ワタクシの中ではいまだに「天才少年ドギー・ハウザー」であります)、今年もいい方向に進んでいきそうなのですけれど。

Mimi347

ひとつ文句が。NHKさんに。

あのスタジオのふたりは何!?

具体的な名前は控えちゃったりしますけど、女性アナウンサーと日本版ブロードウェイミュージカルにもいくつか出演している某俳優(俳優よりも別の活躍のほうが知られている人だけど)が日本のスタジオで、アメリカの放送のCMタイムを補っていたんだけど。

無知すぎ!!

なんなんだよ、どちらかひとりだけが、あまり知識ナシってのならまだ我慢できるけど、ふたりして知識もなければ情報量も足りなければ、実のところはトニー賞自体にも興味ないんじゃないか?とすら見えてしまった。

スタジオタイムになるたびに、胸がむかむかしてしまったゾ。

途中、映画に詳しいベテランアナの渡辺俊雄さんが出てきてくれたときには、「はぁ、よかった~」と心底安心したのだけど、すぐにいなくなっちゃうし。

だって、まだ大して見ていない段階から、ブルック・シールズを「あの彼女」って言ったり、ジョン・レグザイモとか言っちゃうんですよ!(あ、タイトル部分はここからの連想です。遅っ)

ジョン・レグザイモって… ジョン・レグザイモって… レグザイモって!!!

何度も書いちゃったけど、繰り返し間違えてたからね。

彼もワタクシの好きな俳優さんのひとりですが、

ジョン・レグイザモです!!!

ふー。疲れる。

渡辺さんが出てきたときに、やんわり怒られてましたけどね。

トニー賞は楽しいんだけど、日本のスタジオに入るたびに、イライラ。だったらそこは見なきゃいいんだろうけど、また間違えるんじゃないかと、つい確認したくて見てしまうという。

…。

去年はしらないけど、今までのトニー賞はこんなことなかったはず。

どうしたんだよ、NHKさん! 文句ってあんまり書きたくないんだけど、あまりにも酷すぎて黙ってられなかったよ!

はい。トント&ミミは本当に全く関連ナシでしたぁ。

Tonto449

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

↑2つのランキングに参加してみました。1日1クリックずつ、応援してもらえたら多謝です!

|

« 第6戦 | トップページ | シルク・ド・ソレイユ vs ミミ »

ネコ話(トントとミミ)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第6戦 | トップページ | シルク・ド・ソレイユ vs ミミ »