« 撮るべき瞬間を逃してしまった | トップページ | 冬やね »

2013年11月13日 (水)

そんなところが愛らしい

今日は某若手女優さんにインタビュー。

前にインタビューしたときよりさらに可愛くなっているように感じました。

すごく元気で明るいから、自然と現場も華やぐんだけど、こちらにもちゃんと気を使ってくれる。

いやー、素直だし、可愛いし、楽しかった。

本日の本題はトント・ネタ。

寝室にいたときに、トントが寝室のクローゼットを開けようと試みていたんです。

いつもはわけもなく扉をガジガジやったりしているだけなのですが、本日は、これまでと明らかに違いが!!

Tonto1621

左下の段ボールに乗って、そこから身体を起こし、扉の取っ手部分に手を!!!

うおおおお!とあまりに興奮してしまい(&近くに携帯を置いてなかった)、それこそ文字通り固唾を飲んで見守っていたため、非常に残念ながら現場写真がないのですが。

マジで取っ手部分に触りだしたので、こ、これは!っと大興奮っすよ。

しか~し、そこはトント。

いくら待っても、トントがいじるのは写真の赤丸部分のみ。

表も裏も一生懸命触っているのだけれど、肝心な青四角部分には一切手がいかないんですよ……。

Tonto1622

いっくら赤丸部分をガジガジやってもねぇ、青い部分を引かない限りは扉は開かないわけだ。

しかもトントは戸の左側に立って頑張っちゃってるからね。

これが右側からだったら、すんなり青に手がいきそうなものだけど。

段ボールがあったから左側から行ったんだろうけど、でもトントの体長ならば、本来なら箱に乗らなくても届くのでは?っていうね。。。

ちなみにミミは写真の右側にあるキャットタワーから一部始終を見守っておりました。

ひょっとしてミミが気付いて何かするんじゃないかとも思ったんだけど、それもなく。

はい、終了~。

結局、我が家の猫らはやはりおばかさんだというお話ですな。

よそのお宅では、結構みんなドアノブを簡単に開けるっていうからねぇ。。。

ま、こういうおばかな感じがカワイイんですけど。

Tonto1623

ね。

いい子、いい子。

そのままでいておくれ。

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

↑2つのランキングに参加してみました。1日1クリックずつ、応援してもらえたら多謝です!

|

« 撮るべき瞬間を逃してしまった | トップページ | 冬やね »

ネコ話(トントとミミ)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮るべき瞬間を逃してしまった | トップページ | 冬やね »