« 帰り道で | トップページ | 洋画と邦画で »

2013年11月17日 (日)

長澤まさみさん主演の

舞台「ライクドロシー」を下北沢の本多劇場で観てきたよ。

出演はほかに(敬称略)高橋一生、片桐 仁、塚地武雅、川口 覚、竹口龍茶、吉川純広、銀 粉蝶のみなさま。

この中ではワタクシは結構、高橋一生さんが好きなんですけどね。

タイトル通り、一応「オズの魔法使い」をベースにしている物語ですが、まぁ、ベースというか、インスピレーションを受けているという程度ですかね。

今回は相方サンと観に行きました。

長澤まさみを間近で見られるならば!ということで。

席はほんっとに後ろの隅っこだったんですけど。

でも本多劇場くらいの規模だと後ろでも苦にならないからいいよね。

ちなみに、作品の感想は。

楽しかったけれど、特に何も残らなかった的な。

あ、言っちゃった。

作・演出の倉持さんのファンの方、ごめんなさい。

役者さんはフツーに頑張ってましたけどね。

だから楽しかったんですよ。あくまでも。

ただ個人的にもうちょっとドロっとした作品のほうが好きだからな。

あと、銀 粉蝶さん、よかったです。

さすが、ベテランの味って感じで。

こういうお方がひとりいるのといないのとでは、お芝居全体への影響がだいぶ違う。

てな感じで、演劇鑑賞してきましたよ、というお話でございました。

写真がなかったな、ということで。

ミミ。

Mimi1343

リビングの椅子の下です。

寒そうじゃね?って感じですが、実は床暖を付けたところの写真です。

試しにちょっとだけつけてみました~。

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

↑2つのランキングに参加してみました。1日1クリックずつ、応援してもらえたら多謝です!

|

« 帰り道で | トップページ | 洋画と邦画で »

ネコ話(トントとミミ)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰り道で | トップページ | 洋画と邦画で »